快進撃を続ける大坂なおみ選手ですが、身長が何センチか知っていますか?
180センチです。

大きいですね。

テニスと身長の関係はあまり意識することがないと思いますが、やっぱり背が高い方が有利なのでしょうか?

今回は世界的名プレイヤーの身長から、テニスと身長の関係を考察してみました。

世界的テニスプレイヤーたちの身長

テニスプレーヤーでいちばん有名な選手といえば、マッケンローしかいないですよね?

なんていうと、誰それ?と言われそうですが、私たち世代の人には馴染みがある選手だと思います。

まぁ、マッケンローはあまりに古いので、ここ数年でグランドスラムで優勝経験のある選手という観点からチェックしてみました。

グランドスラムってなに?

グランドスラム優勝者の前に、そもそもグランドスラムとは何かと言うと、国際テニス連盟が定めた4大大会のこと。

その4大大会とは

  • 全豪オープン
  • 全仏オープン
  • ウィンブルドン選手権
  • 全米オープン

のことを指します。

誤解されがちなのですが、この4大大会の1つでも優勝すれば、グランドスラムで優勝した、と言い、4大大会全てで優勝すると、グランドスラムを達成した、ということになるのです。

グランドスラムで優勝するのも大変のことなのですが、4大大会をすべて制覇するというのはとてつもなく大変なことなんです。

それではまずは男子からです。

選手名 身長
アンドレ・アガシ 180cm
トーマス・ヨハンソン 180cm
ロジャー・フェデラー 185cm
ノバク・ジョコビッチ 188cm
ラファエル・ナダル 185cm
スタン・ワウリンカ 183cm
ガストン・ガウディオ 175cm
フアン・マルティン・デル・ポトロ 198cm
マリン・チリッチ 198cm

平均身長は、185.8cmです。

やっぱり大きいですね。2m近い選手もいます。

ちなみにわれらが錦織圭選手は178cmです。

次は女子です。

選手名 身長
ジェニファー・カプリアティ 170cm
セリーナ・ウィリアムズ 175cm
マリア・シャラポワ 188cm
ビクトリア・アザレンカ 183cm
李娜 172cm
ジュスティーヌ・エナン=アーデン 167cm
アナ・イバノビッチ 186cm
ビーナス・ウィリアムズ 185cm
キム・クライシュテルス 174cm
大坂なおみ 180cm

平均身長は、178cmです。

女子もやっぱり大きいです。でも、160cm台の選手もいますね。

ちなみに伊達公子選手は163cmです。この身長でグランドスラムベスト4、世界ランキング4位までのぼりつめたのですからすごいですね。

テニスにおいて背が高いほうが有利になること

全体的に身長が高い選手が多いですが、伊達選手のように長身でなくとも十分戦えるのがテニスというスポーツだと思います。

ただ、やっぱり打点の高い強烈なサーブなど、身長が高いほうが有利であることは間違いありません。

背を伸ばす方法

最近は大坂なおみ選手の活躍から、テニスを習わせようとする親御さんも増えているとか。

テニスに限らずスポーツをするなら身長が高いほうが有利です。

特に小さい頃にどれだけ伸ばしておけるかが重要なポイントになりますので、運動をさせるとともに、十分な栄養を摂らせるようにしなければなりません。

食事から摂れるのが理想ですが、好き嫌い等もあるので、なかなか親の思い通りにいかないものです。

そんなときは、成長サプリなどを使って栄養補給をすることを考えても良いと思います。

スポーツ選手であればたいていサプリは飲んでいるものです。

以下のページでおすすめの成長サプリをご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

おすすめの成長サプリ