知らないと損!深い睡眠で成長ホルモンをしっかりと出す方法

成長ホルモンが多く出るタイミングは、寝入ってから3時間です。このタイミングがものすごく重要なのですが、眠りが浅いと十分に成長ホルモンが分泌されないことがあります。

ということは、身長の伸びに影響があるということですね。

今回は深い睡眠を得る方法についてのお話です。

浅い睡眠と深い睡眠

深い睡眠と言われても、具体的にどのような睡眠が「深い」のかよくわかりませんので、まずは深い睡眠とはどのようなものを指すのかを確認しましょう。

睡眠には大きく分けて2種類の睡眠があります。

  • レム睡眠

  • ノンレム睡眠

です。

レム睡眠とは

レム睡眠(Rapid eye movement sleep)とは、急速眼球運動を伴う睡眠のことです。(wikipediaより)

急速眼球運動って何のこと?と思うと思いますが、その名の通り寝ているにも関わらず眼球が急速に運動している状態のことです。

なんでそんなことが起こるかというと、体は休息しているのですが、脳だけは活動している状態だからなんです。

夢を見るタイミングもこのレム睡眠の時ですね。体は寝てるが、脳は動いているので、浅い眠りといえるわけです。

ノンレム睡眠とは

一方、ノンレム睡眠とは急速眼球運動がない睡眠状態のことです。

レム睡眠と違い脳も活動を休止するので、「脳の眠り」とも言われています。

要は深い眠りについている状態ですね。

ただし、ノンレム睡眠にもステージ1(浅い)からステージ4(深い)までの4段階の眠りの深さがあって、常に深い眠りについているわけではないので、ひとまとめに深い眠りと表現するのも正しくないのですが、ここでは分かりやすく深い眠りと表現します。

そして、成長ホルモンは寝入ってから最初の深い眠りであるノンレム睡眠のタイミング(人によって異なりますが寝始めてから約90分くらい)で大量に分泌されます。

ここが勝負どころということですね。

深い眠りを得るためには?

深い眠りを得る方法としては様々なことが言われていますが、一例を上げると

  • 寝る前の食事は避ける
  • 決まった時間に寝る
  • 寝る前の激しい運動は避ける
  • 深酒を避ける
  • 最適な枕を選ぶ
  • 最適な室温にする
  • 寝る前にカフェインを含む飲み物を飲まない
  • ストレス、悩みを抱えない

などに気を付けると深い眠りを得ることができると言われています。

物理的なものもありますが、規則正しい生活習慣である程度クリアできそうですね。

深い睡眠を得るための成分

環境や生活習慣ではなく、深い眠りにつくために有効と言われている成分というものがありますので、そちらもチェックしておきます。

深い睡眠を得ることができると言われている成分は、以下のようなものがあげられます。

  • グリシン
  • トリプトファン
  • メラトニン
  • ギャバ

それぞれの成分をもう少し詳しく見てみます。

グリシン

グリシンはアミノ酸の一種で、眠りを深くする効果があると言われています。

トリプトファン

トリプトファンもアミノ酸の一種で、深い眠りと関係していると言われているセロトニンやメラトニンの原料になるものです。

メラトニン

メラトニンは睡眠ホルモンなんて言われることがあるもので、体内時計の乱れから生じる不眠に対して、効果を発揮すると言われています。

ギャバ

直接的に眠りに対する効果は無いのですが、ストレス軽減に効果があると言われています。深い睡眠にストレスは大敵です。

 

このような成分が深い眠りに効果があるものです。

深い眠り→成長ホルモンの分泌→身長が伸びる

というからくりですね。

寝る子は育つ!お子さんの睡眠(特に成長期のお子さんの睡眠)には気を配ってあげてくださいね。

保存

保存

保存

保存