身長が伸びる部活を選ぶ方法。結局背が伸びるスポーツはどれ?

我が家のにいにいはいよいよ来年から中学生です。

中学生といえば部活。中学生といえば、ちょうど思春期・成長期の真っ只中。

この時期に身長が伸びることをたくさんすれば最終身長が大きくなる可能性が高まります。

今回は背が伸びる部活、運動とはどのようなものか見ていきます。

部活とはどんなもの?

部活とはそもそも共通の趣味や興味を持つ仲間が集まった団体活動のことを言います。

クラブ活動やサークルなんかもこの一種です。

本来は「部活動」という正式名称(と言ってよいのかわかりませんが)を短縮して部活(ぶかつ)と言っています。

「ぶかつどう」でも全然良いと思いますが、「ぶかつ」の方が言いやすいので、部活という呼び方で通っているものです。

どうして部活に入るのか?

そもそもどうして中学生になると部活に入るのでしょうか。

最近はどうかわかりませんが、私なんかの時代はなんだか入らなければいけないような雰囲気、入っていないと「なんで入っていないの?」というまるで非国民的な扱いをされるような気がしました。

もちろん入っていない人もいましたが、8割、9割くらい入っていたのではないでしょうか。

ちなみに私は野球部。頭を坊主にして青春的な時間を過ごしたことを覚えています。

地域や学校などにもよるのかもしれませんが、「別に入らなくても良いけど、どうせやることないんだから入っておけばよいじゃん」的な存在、それが部活だった気がします。

まぁ、中学生だとアルバイトも出来ないですし、放課後はやることもないのでとりあえず部活に入っておけばよいと思います。

というのは私の意見で、おそらく運動がカラダに良い、部活動によるグループ活動で社会性を養う、などが一般的な理由だと思います。

身長が伸びる部活

身長が伸びる部活を選ぶ方法。結局背が伸びるスポーツはどれ?

部活にもさまざまなものがありますが、当ブログで扱うのは文化系と呼ばれる室内でやるものや帰宅部ではなくスポーツ系部活です。

中でも身長が伸びる可能性が高い部活です。

まずは身長が伸びる?と言われているスポーツですが、こちらの記事でもご紹介したとおり軟骨に対してマイナスの圧力がかかるもの、が良いと言われています。

やっぱりこれか。背が伸びる運動、スポーツとは?

マイナスの圧力ってなんですか?というところですが、要はジャンプなどで骨と骨が離れるような圧力のことです。

この観点から言うとジャンプをする機会が多い

  • バレーボール
  • バスケットボール

がなかなか有力候補になってきます。

あとは、テニス、バトミントン、マット運動なんかもマイナス圧力がかかるスポーツといえます。

さらに水泳なんかはそもそも水中で重力の影響が減るのでこれまた良いですね。

こちらの記事でもご紹介しましたが、重力の影響って結構大きいですから。

重力のちからはすごかった→知らないと損をする骨端線が閉じてからもなお身長を伸ばす方法

ちなみにバスケットボール、バレーボールについては、「身長が伸びるのではなく、身長が高い人がやっているスポーツなので身長が伸びると言われているだけ」という論を見かけることがありますが、これには一理ありますが、マイナス圧力をかけられるスポーツであることは間違いありませんので、身長が伸びるスポーツという風に考えることは間違いではありません。

うちのにいにいはサッカーをやっているので、部活もサッカー部に入る可能性がありますが、サッカーは背が伸びないのか?というとそんなことはありません。

サッカーは背が伸びないという都市伝説があるようなのですが、これはバスケットボールやバレーボールとは逆で、背が低くても活躍している選手がいるので、サッカーをやると背が伸びないんちゃう?というイメージがあるだけですね。

全くもってなんの根拠もない話です。

身長が伸びない部活

身長が伸びない部活なんかあるの?というところですが、一応避けた方が良いスポーツとしては、

  • 重量上げ

があげられます。

これは重いものをもって関節に極端に負担をかけてしまうので避けたほうが良いスポーツといえます。

まぁ、重量上げ部がある中学ってあまりないと思いますけどね。

まとめ

中学に入ったらやることないので、とりあえず部活に入りましょうw

背が伸びる可能性が高いスポーツとしては、骨にマイナス圧力がかかるバスケットボール、バレーボール、水泳あたりがおすすめですが、重量上げ以外であれば極端に関節に負担をかけるものはないと思いますので、好きなスポーツをやれば良いと思います。

ただし、結構重要なのが栄養。

激しい運動をしたらしっかりと栄養を摂る。これが身長を伸ばすためにとっても重要です。

成長期はただでさえ栄養を必要とする時期。この時期に栄養が不足すると極端な話、生命維持側に栄養が回されてしまうので成長が二の次になってしまう恐れがあります。

特に栄養素としては何度もご紹介しているタンパク質が重要ですが、不足している栄養があるのでは?と感じたらすかさずサプリで補給することです。

タンパク質以外の栄養素で言うとアルギニンも重要です。→アルギニン量ランキング

サプリはこちらでもいろいろとご紹介していますので参考にしてください。

保存

保存

保存

保存