毛深い人は背が小さいという話をきいたことがある方は結構いるのではないでしょうか?

いわゆる都市伝説的な話ですが、私も聞いたことがあり、なんとなくそんなイメージを持っていたりします。

というのも私も結構毛深いほうだからです。

胸毛は生えてませんが、足の毛はそこそこ生えてますので、アリンコもできるくらいです。

アリンコとは足や手の毛を、手のひらでグリグリ回してちっちゃくまとめてたまにするものですが、これが黒い小さな丸い束になり、まるでアリンコのように見えるためそう呼ばれているものです。

このアリンコを作るためにはそこそこの毛足の長さが必要なので、アリンコができる、ということは、それなりに毛深いということになるわけです。

その私は165センチなので、私だけ見ると毛深いから背が低いんだ、と言えそうになってしまいますが、当然私だけで決めてしまうわけにはいきませんので、ちょっと調べてみました。

今回は特に男の子のお子さんを持つママさんに読んでいただきたい内容です。

毛深い人と毛深くない人がいる理由

ところでどうして人には毛深い人と毛深くない人がいるか知ってますか?

毛深い、毛深くない、は遺伝とホルモンの影響によるものです。

遺伝で毛深くなる

両親が毛深いと遺伝により毛深くなる可能性が高くなります。また、両親が毛深くなくてもおじいちゃん、おばあちゃんが毛深い場合は、毛深くなる可能性はあります。

まぁ、遺伝なので割りとシンプルな話ですね。

ホルモンの影響で毛深くなる

男性ホルモン、女性ホルモンのバランスによっても毛深さは変わってきます。

体毛は男性ホルモンに含まれるテストステロン、アンドロステンジオンなどの影響を受けて生えてきます。

したがって、男性ホルモンが多めの人の方が体毛が濃くなる傾向にあります。

ちなみにホルモンの名前は男性ホルモン、女性ホルモンですが、男女共に両方のホルモンを持っています。

このホルモンのバランスによって毛深い、毛深くない、が変わってくるということです。

人に体毛が生えている理由

ところで人間に毛が生えている理由というのがあるのですが、ご存知ですか?

これには大きく分けて3つあります。

その3つとは

  • 体温調整のため
  • 衝撃から守るため
  • 脇のにおいを拡散させるため

です。

体温調整のため

直射日光を浴びると体温が急激に上がってしまうため、体毛で体温調整を行っています。

まぁ、毛に覆われていれば暖かい感じしますよね。

でも、結構意外かもしれませんが、だからといって寒い地域にいる人のほうが体毛が濃いというわけではないようなんです。

確かに沖縄の暖かい地域の人でも毛深い人いますもんね。

衝撃から守るため

体毛がクッションの役割をしています。特に重要な頭部に髪の毛があるのはそういう理由からです。

陰毛も大事なところを守る役割として生えているものですね。

脇のにおいを拡散させるため

これはちょっと意外かもしれません。人間の脇にはアポクリン線というものがあって、人間が猿人だったころは、ここから分泌される臭いで誰なのかを判別していたと言われています。

 

現代となっては、「体温調整は服」で、「誰であるかの判別は臭い以外」で出来ますので、体毛の役割としては衝撃から守るためにあるものとなりますね。

毛深さと身長との関係性とは?

毛深くなる理由と、体毛が生えている理由が分かったところで、本題の身長との関係性です。

結論から言ってしまうと、毛深さと身長の高さには深い関係性はありません。

毛深くても背が高い人はいますし、毛深くなくても背が低い人はたくさんいます。

毛深いと身長が低くなると言われているのは、完全なイメージによるものだといえます。

 

体毛が生えてくる、濃くなるのは思春期の中期に当たります。

思春期を知らせるサインについてはこちらの記事をご覧ください。

思春期が来た?思春期を知らせるサインとは?

思春期の発来は、身長の急激な伸びが始まるとともに、まもなく身長の伸びが止まることを知らせるサインでもあります。

この時期が早いと思春期発来までの通常の身長の伸びの期間が短くなる事になりますので、最終身長が低くなる可能性があります。

思春期発来が早い=体毛が濃くなる時期が早い

とは言えますので、身長が低くなる可能性はありますが、それも毛深いからではなく、あくまでも体毛が濃くなる時期が早いというだけですね。

体の変化が現れる中学生の時期は好奇心旺盛な時期でもありますので、同年代の子の体毛が濃くなるのが早いことが「毛深い」というイメージにつながって都市伝説が生まれたのかもしれませんね。

まとめ

毛深い理由は遺伝と、男性ホルモンが多いことからのものということ。

毛深さと身長の関係性はありません。

「体毛が濃くなる時期が早いこと」が毛深いというイメージにつながっている可能性があるという感じでしょうか。

身長は体毛云々よりも思春期の発来時期に大きな影響を受けます。

当ブログで繰り返し述べている通り、身長が伸びるということは骨が伸びることですが、骨には骨端線があってこの骨芽細胞が増殖して骨は伸びます。

骨端線が開いているのは期間限定ですが、この骨端線を閉じる影響力を持っているのは女性ホルモンです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

身長の伸びを止めてしまうとんでもないホルモンとは?

体毛を濃くするのは男性ホルモンですが、骨端線を閉じるのは女性ホルモン。

よって、ホルモンのバランスよりも、分泌される時期の方が身長の伸びには大きく影響があるという事になりますね。

思春期をコントロールするのはなかなか難しいです。

自分のお子さんの体毛が濃くなってきたと思ったら、思春期の中期に入ってきている可能性大です。

このタイミングで一気に身長を伸ばしてあげるためにしっかりと身長を伸ばすための栄養を与えてあげてくださいね。