骨端線が閉じてから身長を伸ばす方法

のびたママのびたママ

思春期が終わると骨端線も閉じちゃうんだよね?

のびるんのびるん

そう、すなわち身長の伸びが止まるとも言えるわけだけど

のびたママのびたママ

でも、本当に骨端線が閉じたあとは絶対に背は伸びないのかしら?

のびるんのびるん

おや、今回はめずらしく、食い下がる感じだね。骨端線が閉じたら骨は伸びないよ。でも、身長が伸びないわけでない!

のびたママのびたママ

んん?身長が伸びるのは骨が伸びるからでしょ?

のびるんのびるん

そうだよ。だから、骨が伸びなくても身長は伸ばせるということだよ

骨端線が閉じても伸びるのか、伸びないのか、よくわからなくなりましたが、どのサイトを見ても骨端線が閉じたら身長は伸びません、と書かれていると思いますが、そのとおりで骨端線が閉じてしまうと身長が伸びることがないことはありません。

その理由はこちらの記事でご紹介したとおりです。

これは知っておかないと。身長を伸ばすカギを握る骨端線(こったんせん)とは?

 

でも、骨端線が閉じてからも身長を伸ばせる可能性はあるのです。

 

その秘密はこれ

いやいや、これはお年寄り向けのあれでしょ、という声が聞こえてきますが、実はこの成分に秘密が隠されているのです。

骨端線が閉じてから身長を伸ばす方法

残念ながら普通に考えると骨端線が閉じたあとに身長を伸ばすことはできません。

理由としては「身長が伸びるのは骨が伸びるから」ですが、骨端線が閉じれば骨が伸びることがなくなるからです。

でも、ある栄養素を摂ることで2センチくらい伸ばせる可能性が残されています。

しかもその栄養素は結構テレビとかでも紹介されている聞いたことがある名前の栄養素だったりするので、きっとあなたも意外に感じると思います。

そう、青天の霹靂です。

骨端線が閉じてからも身長が伸びる理由

知らないと損をする骨端線が閉じてからもなお身長を伸ばす方法

骨端線は骨自体を伸ばすために必要なものですが、これが閉じれば骨自体は伸びなくなります。

でも、骨と骨の間には軟骨というこれまた「骨の一種」となる骨があります。

もうピンと来た人はいると思いますが、そうなんです、骨はダメでも、この軟骨は伸びる可能性が残っているのです。

でも、軟骨を伸ばすことが身長を伸ばすことにつながると言われても、あまりピンと来なかったのですが、これからご紹介する宇宙飛行士の話を知ってからは「あるかもしれない」と思いました。

宇宙飛行士さんは宇宙から帰ってくると7センチくらい背が伸びているそうです!

地球に戻ればやがて縮むそうですが、それでも2センチくらいは大きくなったままとのこと。

もちろん行っている期間にもよって伸びる長さには差が出てくると思いますが、重力のない宇宙だと背が伸びるということは間違いありません。

でも、重力がなくなったところで、「骨自体が伸びる」ことはありませんので、背が伸びた理由はその他の要因ということになります。

これは骨と骨の間の軟骨が伸びたということ。

骨と骨の間には直接骨同士がぶつからないように軟骨組織があります。

関節や椎間板にこの軟骨組織がありますが、これが宇宙空間の無重力状態のうちに膨張して背を伸ばしていたのです。

実はこの話、宇宙に行かなくても確認できるもので、人間は身長を朝に測るのと、夜に測るのでは1センチ位の差が出るといいます。

朝起きてから立って動き回ることで軟骨が徐々に縮むので背も縮みますが、夜になり寝ることで、また、翌朝になると1センチくらい伸びたりするわけです。

軟骨を伸ばすのもやはり成長ホルモンだった

なるほど、骨が伸びなくても、関節などにある軟骨組織を成長させれば背を伸ばせる可能性があるということは分かりました。

思春期が終わるまで骨を伸ばしてくれる骨端線も一種の軟骨細胞ですが、ここを成長させるのは成長ホルモンでしたね。

では、骨と骨の間にある軟骨はどうかというと、これもやはり骨端線の軟骨細胞と同様に成長ホルモンにより刺激されて成長するわけです。

やっぱり成長ホルモンが軟骨成長のカギを握っているわけです。

成長ホルモンの分泌を促すのはアルギニン

成長ホルモンが軟骨を成長させる。では、成長ホルモンを多く分泌させるには、どうすればよいかというと、そう、アルギニンです。

アルギニンの効果については以下の記事をご覧ください。

成長ホルモンの分泌を促すアルギニン。アルギニンで本当に背が伸びる?

椎間板には25個もの軟骨があるので、例えばこれが1mmずつでも伸びようものなら合計で2.5センチも伸びる計算です。

これはバカにできません。

ちなみにアルギニンを摂るなら量が命。

アルギニンはこのサプリぐらい圧倒的に含まれていないと意味がありませんので、覚えておいてください。

アルギニン以外にも軟骨の原料となるサプリを摂るべし!

それではと、アルギニンだけを摂っていればよいかというとそうでもありません。

軟骨を成長させるのであれば、アルギニンに加え、グルコサミンコンドロイチンをあわせて摂るのです。

やっとこさ記事の冒頭でご紹介したサプリの謎が解けました。

グルコサミンと言えば、「グルグルグルグルグルコサミン、世田谷生まれのグルコサミン」で、お年寄りが摂るサプリという印象が強いと思いますが、なぜお年寄りがグルコサミンを摂るかというと、グルコサミンには年を取ることですり減ってくる軟骨を修復してくれる機能があるためなんです。

軟骨を修復するということは、グルコサミンが軟骨を成長させる可能性を秘めていると言っても過言でないわけです。

しかも、グルコサミンはコンドロイチンと併用することでその効果を最大化することができることが分かっていますので、どうせ摂るなら両方の成分が入った冒頭でご紹介したサプリがおすすめなんです。

骨端線が閉じているから身長が伸びないと悲観しないほうが良いです。骨は伸びませんが、軟骨だったら伸びる可能性は誰にでもあるのですから。

重要なのは骨を伸ばすことではなく、身長を伸ばすこと。ここを間違えないようにしないといけません。

まとめ

骨端線が閉じたあとでも背を伸ばすことができる可能性はあります。

でも、伸ばすのは骨自体ではなく、骨と骨の間の軟骨を成長させることで伸ばすのです。

軟骨を成長させる栄養素としては、アルギニン、そして、グルコサミン、コンドロイチンが効果的。

うちののびたのような幼児にはまだ早いと思いますが、ちょうど思春期である場合や、思春期が終わって骨端線が閉じたあとのお子さんを持つ親御さんの参考になるとうれしいです。

 

オススメ情報:思春期の子供の育て方にはコツがあった!

【小中学生の不登校反抗期対策】親子で笑顔になる思春期の子育て法