プロフィールにも書いている通り、私は身長が伸びるというサプリには懐疑的な人間です。

でも、栄養が不足している場合のサプリにはそれなりの効果があることも身をもって認識しています。

というのも、私は掌蹠膿疱症と思われる病気を持っているのですが、これに対してはビオチン(ビタミンH)が有効なんですね。

ビオチンは食事からも摂ることができますが、圧倒的に不足している私の場合は、サプリを使って補っています。

これが、「病院なんかに行くよりも」圧倒的な効果を発揮しているのです。

掌蹠膿疱症という病気は、主に手足に汗疱と呼ばれる水ぶくれができてしまうものなのですが、皮膚科に行っても、掌蹠膿疱症の診断すらしてもらえず(分からないようです)、ステロイドの軟膏(アンテベート)を処方されてひたすら塗り続けることを指導されるだけだったのです。

これではだめだとネットで情報を収集し、自分でたどり着いた症状が掌蹠膿疱症。

現在はこの掌蹠膿疱症に対する「ビオチン療法」により、完治とまではいきませんが、かなり症状が改善されました。

身長が伸びるサプリに効果はあるのか?

話がだいぶそれましたが、掌蹠膿疱症によりサプリ自体にはそれなりの効果があることは身をもって実感しているわけです。

よって、適材、適所にサプリを使うことで、効果を発揮することができるものだと思っています。

そんな私がこと身長サプリに対して懐疑的な理由は、成長ホルモン自体をこの手のサプリで直接得ることができないからです。

低身長症の場合に処方してもらえる成長ホルモンがありますが、あれは医薬品で医師に診断してもらったうえで、注射してもらうやつですね。

よくわかりませんが、医療扱いでなければバカ高いんだと思います、きっと。

 

世の中では様々なサプリが出ていて、これまた様々な成分で構成されていますが、どれも似通ったもので、本当に効果が得られるのかよくわからない、というのが私の身長を伸ばすと言われているサプリへの印象です。

口コミを見てみるといいことが書かれていますが、実際は本当にそのサプリの効果なのかは分からない感じですしね。

従って、私が身長が伸びるサプリに効果があるのか?と聞かれれば、

「わからない」(かなり懐疑的)

と答えることになります。

身長が伸びるサプリは買うだけ無駄なのか?

でも、全然効果がないと思いますか?と聞かれれば「そんなことはない」と答えると思います。

おいおい、一体どっちなんだ、あんたは?

というところだと思いますが、少なくとも私の患っている掌蹠膿疱症にはサプリの効果が出ていることから、サプリの効果を完全否定するものではありません。

どっちつかずで申し訳ないですが、そのような認識であることをご理解いただければと。

身長が伸びるサプリを買うとしたらどれにするか?

そんな私が身長が伸びるサプリを買うとしたら何にしますか?と聞かれたら、以下の要件を満たしたものにします。

  • 手軽に摂れる
  • 継続して摂れる
  • 最低限の栄養素が含まれている
  • 価格が手ごろ

さらに子供向けとなると

  • おいしく食べられる

という要素が必要と考えます。

ざっと、身長が伸びるサプリの摂取の仕方という観点から見てみると大きく以下の3タイプにカテゴライズできそうです。

  • 飲料系
  • タブレット系
  • グミ

これを、先の条件に当てはめてみると、、、、グミだけがすべての要素をクリアしているのです。

中でも大きいのが

  • 手軽に摂れる
  • おいしい

です。

子供に摂らせることを考えた場合に、この2つの要素は本当に大きいです。

手軽に摂れるというものであれば、グミだけでなくタブレットも視野に入りますが、どうしてでしょう?あまり食べないですよね、タブレットって。

薬っぽいからでしょうか。

でも、グミだと進んで食べますね。

子供ってどうしてだかグミが好きですよね。

少なくともうちの子はグミが好きで、おいておくとガンガン食べてしまいます。

とは言え、サプリを摂ったからと言って、背が伸びるかはやっぱりわかりませんので、あえて買うとしたらどれにするか?という観点からのものですので、あしからず。

なお、グミタイプだと、選択肢はカルシウムグミくらいになりますが、このカルシウムグミには無料サンプルがあるので、とりあえず無料サンプルで味の確認をしてみることをおすすめします。

 

以下追記

その後・・・・

わたしもカルシウムグミの無料サンプルを注文しましたが、子どもたちに不人気でした。。。

詳しいレビューは別途しますが、市販のお菓子系のグミと同じように考えないほうが良いです。(あまりおいしくない)

しかし、ところがどっこい無料サンプルとして同梱されていた別の商品側の評判がすこぶる良かったです。このあたりを含めて後日まとめてみようと思っています。

ということでおいしいという有力な要素をなくしてしまったカルシウムグミはもっともおすすめできるサプリにはなりませんでした。

なぜなのか分かった!カルシウムグミがグミなのにおいしくない理由

保存