成長応援飲料として有名なセノビックですが、そのセノビックを飲むと眠くなるとか、ならないとか。

火がないところに煙は立たない、ということでその噂の真相を確かめてみました。

セノビックとは?

セノビックとは、ロート製薬という製薬会社が販売している子供向けの成長応援飲料で、牛乳と混ぜて飲む粉末飲料。

2007年の発売当初は九州北部および九州地区の一部ドラッグストアのみの地域限定販売でしたが、現在は通信販売限定で購入できる製品です。

なので、マツキヨなどのドラッグストアや、Amazon、楽天なんかでは購入できない商品なんですね。

味は5種類でヨーグルト味から始まり、ミルクココア味、バナナ味、ポタージュ味、いちごミルク味がラインナップされています。

セノビックの栄養成分

セノビックに含まれる栄養成分は味によっても違うのですが、基本成分として

  • カルシウム
  • ビタミンD
  • ボーンペップ
  • オリゴミル
  • ビタミンC
  • ビタミンK2

などが含まれています。

各味による成分の違いはこのようになっています。

セノビック比較

※最新の栄養成分は公式サイトをチェックしてくださいね。

セノビックには眠くなる成分が含まれているのか?

セノビックに含まれる成分で眠くなる成分が含まれているとしたら、ナイアシンです。

ナイアシンはミルクココア味以外に含まれている成分です。

ナイアシンは水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、体内のビタミンB群の中で最も多く存在するビタミン。

ビタミンB群は、体の代謝に欠かせない栄養素として全身で働いています。

例えば、糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出すとき、二日酔いの原因となるアルコールを分解するときに働く酵素を助けるために働くなど、また、皮膚や粘膜の健康維持を助けたり、脳神経を正常に働かせる効果もあります。

そして、ナイアシンには睡眠ホルモンを同時に正常化する働きがあると言われています。

これがセノビックを飲むと眠くなると言われている理由だと思います。

とはいえ、セノビックに含まれている量は、眠気が強く出るような量ではありません。

そのため、あまり気にしなくて良いと思いますし、眠気が強くて問題になるレベルであれば、子供向けのサプリとしてここまで売れる商品には育たないと思いますので。

ちなみにセノビックがリニューアルされていて、栄養成分の記載も変わっているようです。(ナイアシンがなくなっている?)

公式サイトをチェックしてみてくださいね。

セノビック公式サイト