IGF-1

のびるんのびるん

ソマトメジンCって知ってる?

のびたママのびたママ

なにそれ?トマトの一種?

のびるんのびるん

このブログでトマトの話はでてこないぁ。。。

のびたママのびたママ

そんなもの聞いたことないわよ。

のびるんのびるん

そうだよね、でも、身長を伸ばすということに関してはとても重要な物質なんだよね。

背が伸びる仕組みは骨が伸びることからであることは何度かご紹介したとおりです。

また、骨がいつまで伸びるかは、骨端線の有無に依存しています。

思春期が終わるまでの子供の骨には骨端線が存在していて、ここはいわゆる軟骨部分となるわけですが、ここで細胞分裂が盛んに行われることで、骨の組織がつくられ、結果的に骨が伸びるものです。

骨端線の詳細はこちらの記事をご覧ください。

これは知っておかないと。身長を伸ばすカギを握る骨端線(こったんせん)とは?

この骨端線の細胞分裂を起こすのが成長ホルモンです。

成長ホルモンという名前は聞いたことがあると思いますが、ソマトメジンCという名前を聞いたことがある人はあまりいないのではないかと思います。

今回はそのあまり聞いたことがないが、「身長を伸ばすこと」に関してとても重要なソマトメジンCという物質についてのお話です。

知っておいて損はないですよ。

骨端線の成長に必要な3つのホルモン

骨端線の軟骨部分は細胞分裂が起こることで、骨の組織がつくられ骨が伸びるわけですが、細胞分裂を起こさせるためには、3つの成長ホルモンが必要です。

その3つのホルモンとは

  • 成長ホルモン
  • 性ホルモン
  • 甲状腺ホルモン

の3つのホルモンです。

そもそもホルモンは体内でつくられる物質で、その多くが内分泌腺から分泌され、血流にのって全身をめぐりますが、体の組織の全てに作用するものではありません。

ホルモンの種類によって作用する組織というのが予め決まっていて、特定の組織だけに働きかけて体をつくりあげています。

中でも成長ホルモンは身長を伸ばすという観点において最も重要なホルモンで脳下垂体という脳の中で分泌されています。

その成長ホルモンが分泌され血液によって肝臓に運ばれるとソマトメジンC(IGF-I)と呼ばれる成長因子がつくられて血液中に放出されるのです。

ソマトメジンCとはどのうようなものなのか?

ソマトメジンCは成長ホルモンが分泌されて血液で肝臓に運ばれることでつくられるものですが、このソマトメジンCもつくられたあとに成長ホルモン同様に血夜中に放出されて、それが骨に届き働きかけることで軟骨細胞を増殖し骨を成長させる、すなわち背を伸ばすという働きをするものです。

wikipediaによると

ソマトメジン(英: somatomedin)とは、ソマトトロピン(STH)(成長ホルモン(GH)とも呼ばれる)の刺激に因り主に肝臓で産生されるペプチドホルモンの一群であり、ソマトトロピンと類似の生物学的作用を有する。

成長ホルモンに応答して細胞の成長と分裂を促進する。
又、脳下垂体前葉に直接作用すると共に視床下部からのソマトスタチンの分泌を刺激して成長ホルモンの分泌を抑制する。
ソマトメジンの分泌量は視床下部-下垂体-成長ホルモン刺激軸の負のフィードバックで調整されている。

ソマトメジンは体内の多くの組織で産生され、内分泌作用の他、自己分泌及び傍分泌作用に因って機能する。
血中ソマトメジンは主として肝臓で産生されたものである。

引用:wikipedia

また、ソマトメジンCはとても優れた万能細胞で、人間の成長段階ではカラダの成長に対して働きかけるのですが、縦へ伸びる成長が落ち着くと、その後は筋肉を太くしたり、血管や神経などの体の組織をつくる働きをするのです。

なんと素晴らしい超優良細胞ではありませんか。

このソマトメジンCの働きぶりの分かりやすい例として野球選手の成長についてご紹介すると、高校野球の球児たちはかなりはげしいトレーニングをしているにも関わらず割とスラッとした子たちが多いと思いますが、プロ野球選手となるといつの間にかがっしりと体格になっていたりします。

中には若干がっしりどころか、どっしりしてしまう選手もいるにはいますが。。。

もちろん、食事量やトレーニングの内容も違っているとは思いますが、実はこれがソマトメジンCの働きによるもので、背が伸びる思春期の終わりまでは骨のほうに優先してソマトメジンCは送られるので、身長が伸びるのですが、骨の成長が止まったあとは筋肉などの他の機関、組織側へ回されるので、体格が良くなっていくのです。

このようにソマトメジンCという物質は、思春期が終わるまでの背が伸びる時期までは骨を成長させ、思春期が終わったあとは、筋肉などの他の組織を成長させる私たちにとってはとても重要な物質ということになります。

あまりこの名前を聞いたことがないと思いますが、こんな重要な物質だったらもっと有名になっても良いのではと思いますね。

となると、ソマトメジンC入りのサプリメントなんてあったら絶対買いたくなっちゃいますね。

ということで、ちょっとさがしてみました。

ソマトメジンC入りのサプリメント

知名度が低い物質なので、サプリメントでもソマトメジンCが含まれたものなんてないんだろうなぁ、と思っていたらやっぱりありませんでした。

でもその理由は知名度の問題ではなく、経口摂取をしても意味がないからだそうです。

ソマトメジンCを体内に入れるには、注射しかないようです。ということで病院でなければできなく、且つ、低身長症などで成長ホルモン治療を受けることができる子でもない限りは注射もしてもらえないということ。

となると、うちののびたは以下の通り検査をしてもらう事になったので、打ってもらえる可能性があるということに。

検査入院することになりました-成長ホルモン分泌刺激試験

でも、普通は注射を打ってもらうことはできませんので、ソマトメジンC以外のサプリを飲むのが現実的ですね。

サプリであればアルギニン以外は摂ってもあまり意味が無いと思いますが。

成長ホルモンの分泌を促すアルギニン。アルギニンで本当に背が伸びる?

また、聞いたこともない身長が伸ばすための物質を見つけたらご紹介しますね。

保存