加圧トレーニングをすると身長が伸びるというのですが、本当の話なのでしょうか。

加圧トレーニングって一時流行りましたが最近はあまり聞かなくなりました。

加圧トレーニングと言うとそれを広めたというヒロミの顔を思い浮かべたりしますが、最近テレビでよく見かけます。

もしかしたら、加圧トレーニングが下火になって芸能界へ復帰したのかもしれませんが、そんなことはどうでも良く私たちは加圧トレーニングが身長の伸びに影響するのかが気になるわけです。

さっそくチェックしていきましょう。

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧し、血流量を適切に制限した状態で行うトレーニング方法です。

加圧することで乳酸濃度が高まり、トレーニング後に専用のベルトを外すことで高濃度で溜まっていた乳酸が体内に流れていき、それに脳下垂体が反応して、成長ホルモンが分泌されさまざまな効果が得られると言われています。

加圧トレーニングで得られる効果とは

・脂肪燃焼によるダイエット効果
・冷え性や肩こり改善
・骨や筋肉の修復
・成長ホルモンの分泌

などです。

加圧トレーニングに身長を伸ばす効果があると言われる理由

この加圧トレーニングが身長が伸びる言われる理由が、成長ホルモンの分泌です。

身長を伸ばすためにはいかに成長ホルモンを分泌させるかですが、成長ホルモンは良質な睡眠を取ることや、運動をすることでより多く分泌されることが分かっています。

運動については、さまざまなスポーツや通常の筋力トレーニングでも分泌されるのですが、加圧トレーニングにより血管を圧迫して疲労物質の乳酸を蓄積することで、通常の筋力トレーニングよりも軽い負荷で高い効果を得ることができるのです。

血管を加圧することで通常のトレーニングと比較して、より多くの成長ホルモンが分泌されるので、通常のトレーニングやスポーツをするよりも身長が伸びる効果が高いと言われています。

加圧トレーニングは子供がしても大丈夫?

加圧トレーニングは子供がしても大丈夫ですが、加圧トレーニングは腕や脚にセンサーを内蔵した専用のベルトを巻き、専門のトレーナーが個人に合った適正な圧力を加えて血流量を制限してトレーニングを行う方法なので、子供が簡単にできるようなものではないんですね。

それに血を止めてトレーニングすること自体に抵抗がある方もいると思います。
と言っても、加圧トレーニングは専用のベルトで「適正な圧力」をかけて血流を制限しているのであって、止めているわけではないのであまり心配をする必要はありませんが。

ベルトをむやみに強く締めても、緩く締めても効果がないどころか危険な行為になるので、自己流でやると危険です。

加圧トレーニングは専用のベルトと適切な圧力をベルトにかけられる専門家の指導を受けながらやる必要があります。

成長ホルモン促進効果がありそうですが、専門家の助けが必要となるとなかなか子供に対して気軽にできるものではなさそうです。

加圧トレーニングよりアルギニンをおすすめする理由とは?

なお、加圧トレーニングによって成長ホルモンの分泌を促進することが出来ても、そもそもの栄養が不足していると意味がありません。

身長が伸びるために必要となる栄養は、3大栄養素といわれる炭水化物、タンパク質、脂質と、ビタミン類やミネラルですが、それ以外にもアルギニンが成長ホルモンの分泌を促すことが分かっています。

専門家の指導のもと加圧トレーニングを受けるのはなかなか難しいと思いますので、アルギニンを多く摂らせてあげることを考えてあげた方が良いと思います。

まとめ

  • 加圧トレーニングには成長ホルモンの分泌を促す効果がある。
  • でも、専門家の指導のもとでのトレーニングが必要なので、気軽にできるものではない。
  • 身長を伸ばすためには、成長ホルモンだけでなくその他の栄養素も必要。
  • アルギニンには成長ホルモンを促す効果があり気軽に摂取できるので、加圧トレーニングよりもおすすめ。

どうしても加圧トレーニングをという場合は、こちらなどを検討してもよいかもしれません。