のびるん

こんにちは。のびるんです。もしかすると、あなたのお子さんの身長が5歳になっても伸びてないと悩んでいますか?

今回はそんなあなたに向けて

  • 本当に身長が伸びてないの?
  • 5歳児としては身長が高いの?低いの?
  • 身長を伸ばすためにはどうしたら良いの?

ということを書いていますので、参考にしていただけたら幸いです。

5歳で身長が伸びない。男の子、女の子の平均身長をチェック

のびるん

まずは本当に身長が伸びていないのかチェックするところから始めましょう

大人になると男性のほうが背が高く、女性のほうが背が低いというのが一般的ですが、幼児期は男の子も女の子も身長に大きな差はありません。

5歳児の平均身長は、5歳になった時点ではだいたい107cm前後、6歳になる手前で111cm前後です。

でも、5歳の子どもの場合は、発育について個人差がかなり大きいです。

背の高い人に聞いてみると、「5歳児の時は平均身長よりも小さかった」ということもめずらしくない話です。

なので、

 

平均身長に届いていないからと言って必要以上に心配する必要はありません。

 

ただし、過去1年間を見るとほとんど背が伸びていない、5歳の段階で100cmに達していないなどの場合はちょっと気にしたほうがよいです。

なお、1月から3月に生まれた「早生まれ」の子どもは、同じクラスの子どもと比べても小さくて当たり前です。

同年齢(同学年)のお友達と比較するのではなく、ちゃんと月齢での平均身長と照らし合わせてチェックするようにしてください。

それでは5歳児の平均身長です。

5歳児の平均身長

5歳児 [男の子] の平均身長

5歳0ヶ月から、6歳0ヶ月までの1年間で、平均6.1cm伸びます。

※SD(標準偏差)は-2SD以下だと低身長

5歳 平均身長 -2SD -2.5SD
0ヵ月 106.7 98.1 95.9
1ヵ月 107.3 98.5 96.3
2ヵ月 107.8 99 96.8
3ヵ月 108.3 99.5 97.3
4ヵ月 108.9 99.9 97.7
5ヵ月 109.4 100.4 98.2
6ヵ月 110 100.9 98.6
7ヵ月 110.5 101.4 99.1
8ヵ月 111.1 101.8 99.5
9ヵ月 111.6 102.3 100
10ヵ月 112.2 102.8 100.4
11ヵ月 112.7 103.3 100.9

5歳児 [女の子] の平均身長

5歳0ヶ月から、6歳0ヶ月までの1年間で、平均6.3cm伸びます。

5歳 平均身長 -2SD -2.5SD
0ヵ月 106.2 97.7 95.6
1ヵ月 106.7 98.2 96.1
2ヵ月 107.3 98.7 96.6
3ヵ月 107.8 99.2 97
4ヵ月 108.4 99.7 97.5
5ヵ月 108.9 100.1 97.9
6ヵ月 109.5 100.6 98.4
7ヵ月 110 101.1 98.9
8ヵ月 110.6 101.6 99.3
9ヵ月 111.1 102 99.8
10ヵ月 111.6 102.5 100.2
11ヵ月 112.2 103 100.7
のびるん

5歳児はだいたい年間6センチくらいの伸びが一つの目安になりますね。1ヶ月0.5センチくらいですが、毎月きれいに0.5センチ伸びるわけではない(伸びにはむらがあります)ので、半年や1年くらいのスパンで見てあげれば良いと思います。

5歳時の平均体重

次は平均体重です。

5歳児 [男の子] 平均体重

暦年齢 標準体重(kg)
5才 平均値
0ヶ月 17.7
1ヶ月 17.9
2ヶ月 18.1
3ヶ月 18.3
4ヶ月 18.5
5ヶ月 18.7
6ヶ月 18.9
7ヶ月 19.1
8ヶ月 19.3
9ヶ月 19.6
10ヶ月 19.8
11ヶ月 20.1

5歳児 [女の子] 平均体重

暦年齢 標準体重(kg)
5才 平均値
0ヶ月 17.4
1ヶ月 17.6
2ヶ月 17.8
3ヶ月 18
4ヶ月 18.1
5ヶ月 18.2
6ヶ月 18.4
7ヶ月 18.5
8ヶ月 18.6
9ヶ月 18.7
10ヶ月 19
11ヶ月 19.3

5歳時の平均伸び率は?成長曲線から見てみる

身長や体重など、体の成長率をグラフで表した成長曲線は、母子手帳にあるSDスコアと同じものを使っています。

「SDスコア」は、子どもの身長から平均身長を引いた数値を、その年齢に応じた「標準偏差」という数で割ると求めることができる数値で、通常、+2SDから-2SDにあてはまる範囲であれば問題なしと判断されます。

SDスコアが-2.5以下の場合は、専門医に相談してもよいかもしれませんが、結局、低身長として判断するためには刺激試験をしてその成分に反応をしていないということの確認がされないと公費での治療を受けることは出来ません。

この試験は日帰りでは出来ないので、入院する必要があります。

詳しくは以下の記事などを参照してください。

検査入院することになりました-成長ホルモン分泌刺激試験

5歳で身長が100センチない場合の原因と対処法

のびるん

うちののびたも100センチないんです。。。

5歳の時点で100センチに届いていない場合はちょっと小さいですね。

その原因とは何なんでしょうか。

身長が伸びない原因と考えられるもの

遺伝でしょ、というのは良く聞きますが、身長が伸びない原因はさまざまでそう単純なものではありません。

遺伝ももちろんありますが、栄養不足や運動不足が原因になっていることもあります。

また、ストレスなどの心理的な要因で身長が伸びないこともあるようです。

なお、ホルモンの異常や染色体の異常、骨や内臓の病気という場合もありますので、その場合はお医者さんに相談しなければなりません。

また、うちののびたのように低体重などで生まれた子供の中には、成長曲線から外れたままゆっくり成長する子供もいる(病気ではありません)ので、心配な場合はお医者さんに一度相談するのが良いと思います。

5歳の時点で低身長と思われる場合は治療が必要なのか?

身長の伸び方が成長曲線から大きく下回り、SDスコアが-2.0以下になると、うちののびたのように「低身長」という部類になります。

そうなると公費での検査ができるのですが、それには成長ホルモン分泌刺激試験というものを受ける必要があります。

その試験の結果で成長ホルモンの分泌が基準値以下であれば、低身長症と認定され成長ホルモン投与の治療が行えるようになります。

でも、認定されない場合は公費での成長ホルモン投与の治療は行なえません。

うちののびたは結局認定されなかったのですが、先生曰く確かに小さい部類に入るが、成長ホルモンが分泌されていないわけではなく、また、身長が全く伸びていないわけではないので、様子を見ながら定期的に通院してください、ということでした。

よって、SDスコアが低いから必ず成長ホルモン治療ができるわけではないということです。

そんな場合は、身長サプリなんかを活用するのがよいと思います。

成長ホルモン分泌刺激試験でも使われていたアルギニンは成長ホルモンを分泌させる力があります。

以下のページでアルギニンを含んだおすすめのサプリを紹介しています。

アルギニンサプリ効果が凄い!子供の身長を伸ばすおすすめランキング

5歳児の食事で気をつけること

身長が伸びるのはしっかりとした栄養を取れているからです。

これは日本人の平均身長推移を見ても明らかです。平均身長が伸びているのは食事からの栄養が取れるようになっているからです。

世代別平均身長データ

また、幼児期にあたる5歳という年齢は、乳児期の次に体が成長するだけではなく、食事生活の基礎ができる時期でもあります。

規則正しい食事をすることで、食事の時間に合わせてお腹が減るようになって、しっかり食事ができるようになってきます。

さらに生活全体が規則正しくなり、睡眠時間も安定することで、ホルモンや自律神経が整い、体調や情緒が安定しやすくなると言われていますので、食事の時間が安定していない場合は、気にして食事をすることが推奨されます。

また、1日3回の食事だけでは栄養が不足してしまうことがあります。

そんな時は間食をおすすめします。

間食と言ってもお菓子ではなく、例えばプロテインのチョコバー(うちののびたは食べてます)や、タンパク質が豊富な食べ物を少しあたえたり、身長サプリ(最近はタブレットタイプでおいしいものもたくさんあります)など、常に身長の伸びを意識したものを与えてあげるのがベストです。

5歳の子供の睡眠時間はどのくらい?

のびるん

10時間くらいは寝させてあげたいですね

身長の伸びに影響する「成長ホルモン」は、眠っているときにたくさん分泌されるものです。

「寝る子は育つ」と言われる所以はそのあたりから来ているのですね。

5歳の子供の平均的な睡眠時間は10時間から13時間程度。

もし、朝7時に起きるのであれば、18時から21時の間に寝ているということになります。

あなたのお子さんはどうですか?

保育園に通っている場合はお昼寝の時間がありますが、それと夜に寝るのは別物です。

とはいえ、うちののびたは全然寝てくれません。

うちみたいにお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるとなおさらです。

お兄ちゃん、お姉ちゃんが起きてるのに、どうして自分だけ早く寝なきゃならないの?と。

まぁ、気持ちはよくわかりますが。

その点は家族の協力が必要ですね。

18時はちょっとあれですが、21時くらいには布団に入れるような生活習慣が良いでしょう。

5歳の時にさせてあげたい運動、スポーツは?

最近は小さい頃からスポーツクラブなんかに入れてスポーツをさせているご家庭もたくさんあると思いますが、5歳の子供であれば特定のスポーツをさせる必要もなく、走る、ジャンプするなど、日常の遊びの中で体を動かすだけでも十分です。

おにごっこなんかで十分です。また、公園の遊具を活用していろんな遊びをしてもらうのが良いと思います。

また、5歳くらいになるとルールが理解出来てくるので、条件やルールを決めて遊ぶようにするとさらに面白さが増すかもしれません。

まとめ

5歳のお子さんの身長が伸びないとお悩みの場合は

  • 本当に小さいかチェックする
  • SD値を目安にする
  • 心配な場合はお医者さんに相談
  • 食事は規則正しく
  • 不足している栄養は間食や身長サプリで補給
  • たっぷりと寝かしてあげましょう

あたりのポイントを参考にしてもらえればと思います。

自分のお子さんの成長を気にしてあげられるはあなただけです。

大切なお子さんの成長を見守ってあげてくださいね。