4歳時の身長で最終身長が決まると言われるくらい、4歳時点での身長は結構重要です。

今回は4歳時点での平均身長から、自分の子供の身長が大きいのか、小さいのかを判断するとともに、もし、小さかった場合の対応方法を確認してみます。

4歳の平均身長。男の子編

まずは男の子編です。

4歳の誕生日を迎える時点で100cmあるのが平均です。

更に月齢別でいくと以下のとおりです。

男の子の平均身長 4歳

0ヶ月 100.2
1ヶ月 100.8
2ヶ月 101.3
3ヶ月 101.9
4ヶ月 102.4
5ヶ月 103
6ヶ月 103.5
7ヶ月 104
8ヶ月 104.6
9ヶ月 105.1
10ヶ月 105.6
11ヶ月 106.2

4歳の平均身長。女の子編

次は女の子です。

4歳の誕生日を迎える時点で99.5cmあるのが平均です。

最終身長は13センチ以上男の子と違いがありますが、この4歳時点での差は大きくありません。

月齢別の身長は以下の通りとなります。

女の子の平均身長 4歳

0ヶ月 99.5
1ヶ月 100
2ヶ月 100.6
3ヶ月 101.2
4ヶ月 101.7
5ヶ月 102.3
6ヶ月 102.8
7ヶ月 103.4
8ヶ月 103.9
9ヶ月 104.5
10ヶ月 105
11ヶ月 105.6

4歳時点での身長がどうして重要なのか

4歳時点での身長で最終身長が決まるという言われるくらい4歳時の身長は重要なのですが、これはどうしてかというと、4歳までの乳児期に人間の身長は一気に伸びるからなんです。

生まれたばかりの赤ちゃんの身長は平均50センチくらいです。

それが、4歳までに約50センチも伸びて倍になるのです。

年に10センチ以上のペースで伸びるわけです。

実はこれ以降も成長期に爆発的に伸びる時期があるのですが、それまでの通常の伸びの時期は5センチから7センチくらいの伸びになるのが普通ですので、ここまでで一旦がっつり伸びておかなければならないわけです。

よって、4歳時点での身長というのが結構重要で、ここまでに十分伸ばせていなかった場合は、その後の通常成長期にも多めに伸ばしておかないと最終身長が低くなってしまうんですね。

4歳時点で小さい場合はどうすればよいのか

では、4歳時点で平均身長に満たない場合はどうすれば良いのか?

という話ですが、極端に小さくなければ心配する必要はありませんが、10センチ以上低い場合は、一度お医者さんに相談したほうが良いかもしれません。

うちの次男も10センチ以上低かったのですが、それは4歳時点よりも前からわかっていたことだったので、お医者さんに相談してました。

お医者さんにもよるとは思いますが、うちの場合は成長ホルモンが十分分泌されているかをチェックする「成長ホルモン分泌刺激試験」というものをしてもらいました。

結局、いくつかの試験薬に対して数値以上の反応があったので、成長ホルモン治療の対象とはなりませんでしたが、この試験で成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断されれば、公費で成長ホルモン治療を受けることができるのです。

成長ホルモン治療を実費でやろうとすれば、数万円から数十万円かかると思いますので、少しでも疑いがあればこの検査を受けることをおすすめします。

でも、この検査もちろん病院にもよるかもしれませんが、2泊3日、もしくは4泊5日という結構大がかかりな感じです。

小さい子だとちょっとかわいそう、なんて思ってしまいますが、将来のことを考えたら、今何もしないでいることのほうがよほど可愛そうだと思うので、そこは子供のためということで気持ちの整理をしたほうが良いですね。

「成長ホルモン分泌刺激試験」については、以下で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

成長ホルモン分泌刺激試験 入院日記

この試験で基準値に満たない結果が出た場合は、公費での成長ホルモン治療ができることになりますが、うちのように数値として成長ホルモンが分泌されているという結果が出た場合は、この治療を受けることはできませんので、あとは自助努力ということになります。

では、どのような対策をしていけばよいのでしょうか。

4歳児が飲んでも大丈夫な成長サプリとは?

「そのうち大きくなる」ではやっぱり大きくならないので、身長が伸びるための対策を講じて上げる必要がありますね、親として。

成長ホルモン治療というものがあるくらいなので、やっぱり成長ホルモンが活発に分泌されればそれだけ成長できることには間違いありません。

成長ホルモンの分泌すると骨端線という骨の端にある軟骨部分が刺激されて細胞が増殖して骨が伸びます。

これが人間の身長が伸びるからくりです。

要は骨を伸ばせばよいわけですね。

でも、この骨端線というところが成長するのは期間限定です。

成長期と言われる思春期が終わるまでという期間限定ものなわけです。

なので、それまでの期間に成長ホルモンが積極的に分泌されるような栄養素を摂るようにする必要があります。

食事からその栄養素が摂れるのがおそらく理想的なんでしょうが、現代においては食事だけでなく栄養補助食品があるので積極的に活用したいところです。

4歳から飲んでも大丈夫な成長サプリなんてあるの?というのが一般的なイメージなんでしょうが、実際のところはたいていものが飲まして大丈夫です。

でも、それだと今度はどれを飲ませればよいのかわからない、という悩みが出てきます。

そこで当サイトでおすすめの成長サプリをご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

おすすめの成長サプリ

どうせ飲ませるのであれば一日でも早く飲まし始めたほうが良いです。