身長を伸ばすタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛の必要量

成長期であるかにかかわらず、育ち盛りの子供には多くの栄養が必要で、特に欠かせない栄養素がタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などです。

これらの栄養素は骨を成長させることができる栄養素ですので、身長を伸ばすためにはとても重要な栄養素です。

身長を伸ばすということは骨を伸ばすことですので、これらの栄養素が特に欠かせないわけです。

でも、欠かせないといってもどのくらい必要かが分からないと、どの程度与えてよいのかわからない、というところですよね。

今回はそれぞれの栄養素がどのくらい必要かという目安をご紹介していきたいと思います。

身長を伸ばすために食事を作るママさんのお役に立てる情報になると思います。

身長を伸ばすためのタンパク質量

タンパク質は成長ホルモンの分泌を促す作用があるほか、コラーゲンというタンパク質が骨を形成する土台になっています。

タンパク質は不足しないよう十分に摂らないと、骨を成長させるどころか骨をつくるための土台がもろくなってしまいます。

さらに睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌に欠かすことができない必須アミノ酸の一種であるトリプトファンの生成にも必要となりますので、やはりタンパク質を欠かすことはできないわけです。

タンパク質の重要性は他の記事でも取り上げています。

知らないと摂れない!背を伸ばすために必要なタンパク質とは?

そのタンパク質の必要量は

  • 3才から5才で25g
  • 6才から7才で男の子は35g。女の子は30g
  • 8才から9才で40g

となります。

タンパク質を多く含んでいる食材は、肉、魚、卵、豆、乳製品となりますが、お肉が好きだからということで、肉ばかり食べていると摂取できるアミノ酸にも偏りが出て来てしまいます。

よって、アミノ酸のバランスが良い食材がベストですが、必須アミノ酸が理想的なバランスで含まれている食材としては、鶏卵や豚肉、牛乳、魚のアジ、大豆なんかがありますので、これらを重点的に食事に取り入れることを意識して上げると良いです。

身長を伸ばすのためのカルシウム量

ミネラルの一種であるカルシウムは骨の土台となるコラーゲンにくっつくことで骨を硬く丈夫にしています。タンパク質とタッグで働く感じと覚えておくとよいですね。

カルシウムに直接的に背を伸ばす効果はありませんが、カルシウムには骨質を良くする効果がありますので、成長には大変重要なミネラルとなります。

骨密度に影響があるということになるので、最近話題の骨粗鬆症などで年齢を重ねた際に悩むこともなくなります。

そのカルシウムの必要量は、

  • 3才から5才で80mg
  • 6才から7才で男の子は600mg。女の子は650mg
  • 8才から9才では男の子は700mg。女の子は800mg

となります。

ちなみに30代から40代の大人での必要量は650mgですので、いかに子供の頃の必要カルシウム量が多いかがわかりますね。

カルシウムを多く含む食材としては、牛乳、ヨーグルト、チーズ、小松菜、野沢菜、チンゲン菜、水菜、大根の葉、モロヘイヤ、切り干し大根、豆腐、大豆製品、桜エビ、ウナギ、しらす干し、ひじき、ワカメ、ゴマなどがあげられます。

なかでも乳製品や豆類にはタンパク質も含まれていて一石二鳥なので積極的に摂りたい食材です。

身長を伸ばすためのマグネシウム量

マグネシウムはその60パーセントが骨に含まれていて、カルシウムの吸収と代謝を助けて骨の強度や弾力性を調整している栄養素です。

マグネシウムの場合は、カルシウムとのバランスが大切で、カルシウムの2に対してマグネシウムは1の割合で摂ることが望ましいと言われています。

そのマグネシウムの必要量は、

  • 3才から5才で100mg
  • 6才から7才で130mg
  • 8才から9才で男の子170mg。女の子で160mg

となります。

マグネシウムを多く含む食材としては、ホウレンソウ、アーモンド、カシューナッツ、干しひじき、玄米、豆腐や納豆、ゴマ、桜エビカキ、 カツオなどとなります。

なかでも干しひじきはカルシウムとマグネシウムのバランスが2対1となっている理想的な食材です。

身長を伸ばすための亜鉛量

亜鉛はタンパク質の合成や細胞の新陳代謝に関る200種以上の酵素の必須成分です。

そのため亜鉛が不足すると新陳代謝がうまく行われなかったり、成長ホルモンの分泌が悪くなったりします。

その亜鉛の必要量は、

  • 3才から7才で6mg
  • 8才から9才で男の子は7mg。女の子で6mg

となります。

亜鉛を多く含む食材としては、カキや帆立貝、豚レバー、牛肉、ラム肉、タラバガニ、ウナギ、納豆、タラコ、ゴマなどがあげられます。

まとめ

骨を成長させるための土台となるタンパク質をはじめとして、カルシウム、マグネシウム、亜鉛をバランスよく摂る必要がありますが、何でもかんでも摂らせればよいというわけではなく、その必要量もしっかりと把握しておく必要があります。

どの栄養素も通常どおり食事をしていれば大きく不足することはないものですが、少食だったり偏食だったりすると不足状態となることもしばしば。

また、身長を伸ばすという観点からはどの栄養素も少し多めに摂っていきたいところですので、食事だけでは摂れないと感じたらサプリなどで補うことを考えた方が良いと思います。

当ブログを読んでくれているママさんであれば子供さんの食事をしっかりと作られているのだと思いますが、その食事の栄養素量まで考えて食事を作るのは結構大変ですね、正直な所。

しかも、食事を作ったところで、好き嫌いがあったり偏食があると、ろくに食べてくれなかったりして、食事をつくるモチベーションを維持するのも大変です。

そんな時は無理に食事から栄養素を摂ることに固執しないで、サプリを活用するようにして下さいね。