子供の身長を伸ばすには深い睡眠をとることが重要です。

身長を伸ばすために最も重要な要素の1つである、成長ホルモンは深い睡眠時に最も良く分泌されます。

睡眠には4段階の深さの違いがあって、十分に睡眠時間がとれていても、成長ホルモンの分泌に必要な段階の深い睡眠が十分にとれていなければ意味がありません。

そこで睡眠を深くする方法をいくつかご紹介します。

深い睡眠をとる方法

1. 子供にあった寝具を使う

硬さや通気性、肌触りなどが基準となります。

2. 寝る直前に食事をしない

成長ホルモンは、睡眠中に分泌量が増しますが、寝る前に夜食をとってしまうと血糖値が上がり、睡眠時の成長ホルモンの分泌が悪くなります。

その結果、成長ホルモンが十分に分泌されないことがあります。

3. 暗くして寝る

成長ホルモンと同様に大切な要素として”メラトニン”というホルモンがあります。

メラトニンは、自然な眠気を誘う脳内のホルモンで、光の刺激によって減少します。

したがって、朝はしっかり光を浴びてメラトニンを減少させると自然な目覚めが得られ、夜は自然な眠気を誘うために照明を暗めにしてメラトニンの分泌を促すと効果的な睡眠がとれます。

同様に、寝る前にテレビを見たり、テレビゲームをしたりすると不必要な光を視神経に与え脳を刺激してしまいますので、寝る前にはなるべくテレビゲームなどは控えます。

4. ゆっくりと入浴する

睡眠の数時間前にゆっくり入浴することで、体の深部体温が上がり、時間が経つにつれてその深部体温が下がる際に、深い眠気が生じるという仕組みです。

ある研究によると、入浴した場合は、しない場合と比較すると、睡眠に入るまでの時間が大幅に短縮され、睡眠の質も改善されるということも報告されています。

他にもたくさん方法はありますが、本人に合った方法でできる限り深い睡眠がとれるように心がけて下さい。