身長が伸びるレシピ カキと厚揚げの炊き込みご飯

カキは栄養価が高く海のミルクなんて言われている食材です。

グリコーゲン、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質、そしてカルシウム、亜鉛などのミネラル類などが含まれているので、積極的に食べさせたいですが、なにせクセがあるので、子供はなかなか食べないですよね。

生だとちょっと厳しいかな?と思いますが、フライにすればなんとか食べてくれると思いますが、ちょっとカロリーが増えてしまいます。

生牡蠣なんて超おいしいですけどね。

そんなときは細かくきざんで味付けをした上でご飯に混ぜることで抵抗なく食べれたりします。少し工夫してあげるだけなので、簡単においしい混ぜご飯になるので、一度お試しくださいね。

カキと厚揚げの炊き込みご飯の基本的な作り方

それでは基本的なカキと厚揚げの炊き込みご飯の作り方です。

  1. お米は洗って水をひたひたまで入れおきます。厚揚げは熱湯をかけて油抜きをし1センチ角ほどに切ります。しめじは石づきを切り取り小房に分けておきます。
  2. カキは細かく刻み小鍋にしょうゆ(大さじ1)、酒(大さじ1)、みりん(大さじ1)、塩(小さじ1)、だし汁(1カップ)、みつば(適量)とともに入れて火にかけ、こげないように混ぜながら炒り煮にします。
  3. 汁気が少なくなったらだし汁を加え沸騰したら厚揚げとしめじを加え、5分から6分ほど煮ます。
  4. ボールにザルをのせ、その上に3をあけて煮汁と具にわけます。
  5. 煮汁をお米の釜に加えたら、目盛りまで水を足します。その上に具をのせて炊きます。
  6. みつばは3センチから4センチに切っておきます。ご飯が炊きあがったら十分蒸らしてみつばを加え、茶碗に盛ります。

クックパッドから人気の炊き込みご飯をご紹介

Cpicon STAUBで! 牡蠣の炊き込みごはん by sachi825

STAUBで作るのがおしゃれですね。とはいってもSTAUBなくてもできますが。カキがそのまんまなのでちょっと抵抗があれば刻んで入れてあげてくださいね。

材料 (米3合分)

牡蠣(冷凍) 約500g
米 3合
ごぼう 1/2本
人参 50g
しめじ 1袋

☆だし汁 500ml
☆醤油 大さじ3杯
☆酒 大さじ2杯
☆みりん 大さじ1杯
☆てんさい糖(砂糖) 小さじ1杯
☆しょうが(絞り汁) 大さじ1杯
☆塩 1/4杯

■ トッピング用
しょうが(千切り) 少々

作り方は上記サイトから
Cpicon 牡蠣と桜海老の炊き込みごはん by WaRiFu

カキと桜えびなんて栄養成分的には背を伸ばすためのもの以外のなにものでもないですね。

こちらもカキが苦手でそのままではだめだったら刻んで混ぜてあげてくださいね。

材料(4〜5人分)

牡蠣 7個
ゴボウ 50g
桜海老 5g
米 2合
塩 少々
片栗粉 少々
酒 大さじ1
味噌 小さじ1
水 2カップ
ブイヨン 2分の1個
バター 大さじ1

作り方は上記サイトから

 

Cpicon 牡蠣のにんにくバター醤油*炊き込みごはん by mariccoco

上記の2つはちょっと味がさっぱり系なので、こってり系が良ければこちらがおすすめです。カキのままがだめなら刻むべし。

材料

出汁 600cc
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
バター 25g
かき 6個〜10個
椎茸(立派な ) 4枚
にんにく 3片
米( うるち米2合もち米1合 ) 3合

作り方は上記のサイトからどうぞ

まとめ

ご紹介したレシピではカキがそのままの状態ですが、抵抗があるようであれば刻んで混ぜれば良いだけです。

とにかく栄養満点なカキは身長を伸ばすということを考えた場合におすすめの食材です。カキの旬というと秋から冬?という気もしますが、今は年中食べられますので、あまり季節的なものも気にしなくて良いかと。

ビタミン、ミネラルも豊富なので身長を伸ばすために最適な食材ですが、カキからの栄養成分だけでは不足しているものはサプリで補充するのも有効ですね。

保存

保存