4歳の時の身長で最終身長がわかると四谷メディカルサロンの風本先生は言います。

その先生が4歳の時の身長でだいたい最終身長がわかると言うのですが、さすがに多くの子供達をみてきた先生だけあってなかなか説得力のあるお話です。

4歳の時の身長で最終身長がわかるって本当なのか?

人が生まれてから一番背が伸びる時期って知ってます?

身長が一番伸びる時期を、「成長期」と言われる思春期あたりだと考えている人が多いと思うのですが、そうではなく実は4歳までの乳幼児期が一番伸びるんです。

こちらのデータを見てもらえばわかると思いますが、0歳から4歳までの身長の伸びは尋常ではないです。

年齢別、しかも月齢別平均身長 男の子編

年齢別、しかも月齢別平均身長 女の子編

 

標準的な場合、生まれたばかりのときの身長はだいたい50センチ位です。

それが4歳くらいまでで100cmくらいまでと、実に倍の身長になるのですから、この時期の伸びがとんでもないことがよくわかります。

小学生から中学生になるときに訪れる思春期と言われる時期は、約2年間から3年間と言われていますが、この期間でも伸びる子で30センチくらいですから、50センチも伸びるような時期はこの乳幼児期しかないんですね。

で、この時期の伸びが何で決まるかと言うと、よく言われる遺伝とかではなく、単純に食べる量に依存するのです。

要するに4歳までにたくさん食べる子は大きくなるし、あまり食べない子はなかなか大きくなれないわけです。

とてもシンプルでわかりやすい話です。

「身長は遺伝で決まっているので」、という話をよく聞くと思いますが、実はこの時期の食べる量が大きくものを言うということはあまり知られていないです。

遺伝は先天的なものですが、実はこの4歳までの食べる量、という圧倒的な後天的要素が最終身長に大きな影響を与えているのです。

4歳までの身長差がそのまま最終身長に反映される

そして、この4歳までの平均身長との身長差というのが、そのまま最終身長時の平均身長の差につながってしまうのです。

例えば4歳のときの身長が平均身長より5センチ低ければ、最終身長も5センチ低くなるので、

男子の場合だとだいたい165センチくらい。

女子の場合は、153センチくらいになる計算です。

 

そして、これは4歳以降の年齢にも当てはめることができます。

 

どういうことかというと、8歳のときに平均身長より5センチ低い120センチであれば、最終身長も165センチですね。

これが意味することは4歳のときの平均身長との差は、そのままずっと引きづられる、要はリカバリが難しいということを表しています。

おっと、じゃあ、4歳以降で平均身長よりも低い身長の場合は、最終身長も平均身長よりも低いことが確定してしまうのか?

というと、まぁ、一概にそういうわけでもないのです。

4歳の時に決まるのであれば、その後あがいても仕方がない?

4歳の時の身長がそのまま最終身長に影響するとなると、4歳までに標準的な身長100cmに届いていないと、がっかりしてしまうかもしれません。

でも、この話はあくまでもそのまま何もしなかった場合のお話

そして、このブログはもちろんそのままなにもしないでいる親御さんのためのブログではなく、どうしたら身長を伸ばすことができるかを追求している親御さん向けのブログです。

うちの次男ののびたはは低身長症の疑いがありましていろいろと試行錯誤しています。

うちののびたは低身長症(成長障害)の疑いがあります

そんなのびたを平均以上の175センチまで伸ばしてあげることが私のミッションです。

そのためには食事、睡眠、栄養、運動をバランスよく取らせること、そしてもし栄養が不足しているのであれば、身長を伸ばすのに効果的なサプリを使って伸ばしてあげることができないかということを考えています。

4歳から与えることができる身長サプリとは?

身長サプリというと結構抵抗がある方も多いと思いますが、現代では割と当たり前のように子供に与えている人が多いようです。

それは、大人がサプリを飲むことに抵抗がなくなっているというのもありますが、子供用のサプリが種類豊富に販売されているということも影響しています。

一昔前は身長サプリというと、溶かして飲むタイプのセノビックくらいしか聞いたことがなかったと思いますが、最近は本当に様々な子供向けの身長サプリが販売されていて、成分もしっかりとしているものが揃っています。

ただ、逆に数と種類が多すぎてどれを買えば良いのかわかりづらいというところはあります。

背を伸ばす成分の代表的なものといえば、カルシウムですが、最近のものはカルシウムが含まれているのは当たり前で、それよりも効果があるとされている他の栄養素が含まれた成長サプリが販売されています。

背を伸ばす効果があると言われている成分としては、アルファGPC、ボーンペップなどがありますが、やはり一番重要な栄養素はアルギニンです。

アルギニンは低身長症の検査にも使われている成分で、成長ホルモンの分泌を促す効果があることが確認されています。(うちののびたも低身長の検査を受けていて、そこでも使われていました)

また、検査に使われているくらいなので、危険性は少なく、安全、安心な成分です。

今はちょっと背が低いけどそのうち大きくなる、ではなく、小さい頃からきちんと身長を伸ばすための対策をしてあげる、これが私たち親ができることなのではないでしょうか。

アルギニンを含んだおすすめの成長サプリは、以下のページでご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

アルギニンの含まれたおすすめの成長サプリ

保存