4歳の時の身長で最終身長がわかると四谷メディカルサロンの風本先生は言います。

その先生が4歳の時の身長でだいたい最終身長がわかると言うのですが、さすがに多くの子供達をみてきた先生だけあってなかなか説得力のあるお話なんですよね。

どうして4歳の時の身長で最終身長がわかるのかみていきましょう。

4歳の時の身長で最終身長がわかるって本当なのか?

人が生まれてから一番背が伸びる時期って知ってます?

成長期と言われる思春期あたりだと考えている人が一番多いのだと思うのですが、実は4歳までの乳幼児期なんですね。

こちらのデータを見てもらえばわかると思いますが、0歳から4歳までの身長の伸びは尋常ではないのです。

年齢別、しかも月齢別平均身長 男の子編

年齢別、しかも月齢別平均身長 [女の子編]

標準の場合、50センチ位だった身長が4年間で100センチくらいまで、実に倍になるのですから、この時期の伸びがものすごいことがわかります。

思春期の2年から3年の間でも伸びる子で30センチくらいというですから、50センチも伸びるような時期はこの乳幼児期しかないんですね。

で、この時期の伸びは単純に食べる量に依存するのです。

要するに4歳までにたくさん食べる子は大きくなるし、あまり食べない子は小さいわけです。

とてもわかりやすいですね。

身長は遺伝で決まっているので、という話をよく聞くと思いますが、実はこの時期の食べる量が大きくものを言うということはあまり知られていないのですね。

遺伝といえば先天的ですが、実はこの4歳までも食べる量、という圧倒的な後天的要素が背の高さに大きな影響を与えているのです。

4歳までの身長差がそのまま最終身長に反映される

そして、この4歳までの身長差というのが、そのまま最終身長時の平均身長の差につながってしまうのです。

例えば4歳のときの身長が平均身長より5センチ低ければ、最終身長も5センチ低くなるので、男の子の場合だとだいたい165センチくらい。

女の子の場合は、153センチになります。

そして、これは4歳以降の年齢にも当てはめることができます。

8歳のときに平均より5センチ低い120センチであれば、最終身長も165センチですね。

これが意味することは4歳のときの平均身長との差は、そのままずっと引きづられる、要はリカバリが難しいということを表しています。

4歳の時に決まるのであれば、その後あがいても仕方がない?

ということで4歳の時の身長がそのまま最終身長に影響するとなると、がっかりしてしまうかもしれません。

でも、あくまでこの話はそのまま何もしなかった場合のお話。

そして、このブログはそのまま何もしない人が読むようなブログではありません。

そうです、そこからどう挽回していくかを突き詰めるブログです。

うちののびたなんかは低身長症の疑いがあります。

うちののびたは低身長症(成長障害)の疑いがあります

そんなのびたを平均以上の175センチまで伸ばしてあげることが私のミッションです。

そのためには食事、睡眠、栄養、運動、そして栄養が不足しているのであれば、サプリ(アルギニン)を使うこともいといません。

子供の背を伸ばすための情報をこれからも発信していきます。

保存